ダン・チャン

報道写真/映像カメラマン

チャンは著名な報道写真カメラマンで、最近では報道映像カメラマンとしても活躍しています。ガーディアン紙の専属およびフリーランスカメラマンとして、2003年にイラク、2004年には津波被害後のインドネシア、そして2006年には地震に見舞われたパキスタンを取材しました。地理の学位に直結した仕事には就かなかったものの、その学識はカメラを片手に世界中を巡る生活に確実に役立っています。

"「現場とオフィスでシームレスに利用できる最適なソリューションはG-Technology以外にありません」"

電源を見つけるのは、どう考えても無理な状況でした。その時ダン・チャンは、ダーツ選手や採炭活動を撮影するために訪れたモンゴル中部で、ゲルの中にいました。ゲルとは、木枠にフェルトやキャンバス地を張った背の低い円形のテントのことです。ゲルの近くには、巨大な露天掘り鉱山が地表をむき出しにしています。撮影機材を含むあらゆるものが炭塵に覆われていました。"「使用するものは基本的にすべて、過酷な条件下でも耐えられる必要があります」と、チャンは言います。""「飛行機、車、旅行用品、TSAもそうです。モンゴルでの12時間の車での移動よりも、TSAによる保安検査が機材を傷つける可能性の方が高いのです。そのため、機材は頑丈でなければ困るのですが、今のところG-Technologyドライブが壊れたことは一度もありません」"

3週間のモンゴル滞在中、機材を充電する唯一の方法は車のシガーライターという状況がほとんどでした。すべての撮影が終わったあと、編集作業に対応できる速度を備え、小型でありながら何日分ものRAW映像を保存できる大容量で、ノートパソコンのバスパワーだけで駆動できる効率性の高いストレージソリューションが必要になります。"「薄暗がりの中でも、目の前のMacBook ProとG-DRIVE evユニットさえあれば、外部電源がなくてもその日撮った写真の作業ができるのですから、最高です。車か充電器さえあれば、いつまでも作業を続けられます。まさに望みどおりです」" 世界有数の報道カメラマンとして、チャンは自分の仕事とその時の環境にどのような機器が必要なのか的確に把握しています。ただ、そうなるまでには長年の苦労がありました。

キャリアのスタート

チャンは著名な報道写真カメラマンで、最近では報道映像カメラマンとしても活躍しています。ガーディアン紙の専属およびフリーランスカメラマンとして、2003年にイラク、2004年には津波被害後のインドネシア、そして2006年には地震に見舞われたパキスタンを取材しました。地理の学位に直結した仕事には就かなかったものの、その学識はカメラを片手に世界中を巡る生活に確実に役立っています。チャンはイギリスの地方新聞でキャリアをスタートさせ、バーミンガムの都市新聞を経て、ロンドンに引っ越した後はロイター通信でフリーランスの活動を始めました。26歳になる頃には、ロイター通信の最年少専属カメラマンとして、主にスポーツイベントを取材し、マンチェスター・ユナイテッド担当としてチームを追いかけていました。とはいえ、チャンは特にスポーツ好きというわけではありませんでした。自分のことをスポーツカメラマンではなく、スポーツも撮る写真家だと考えていたのです。カメラマンとしての腕を磨きながら数年間仕事を続けたものの、徐々にスポーツの世界に飽き足らなくなりました。2003年にガーディアン紙の求人を見たチャンは飛びつき、中東への配属やトニー・ブレア首相担当など、世界中の重大ニュースを追いかけるチャンスに恵まれたのです。

"「2006年か2007年頃には、自分にとっても、おそらくこの業界全体にとっても写真に未来はないと考えるようになりました」と、チャンは語ります。""「僕はガーディアン紙の編集長のところへ行き、この新聞が印刷版からオンライン版へ移行するなら、オンライン動画が重要になる。"すぐに着手すべきだ、と訴えたのです」" すると編集長は、「分かった、何をやるべきか考えて必要な機材を揃えてくれ。まずは試してみよう」と、言ってくれました。"

最適な機材

そこでチャンは、さまざまなビデオカメラを試してみましたが、満足のいくものは見つけられませんでした。写真用カメラと同等の画像コントロール機能を備えたものがなかったのです。あらゆる種類の照明、アダプタ、その他の周辺機器を試してみましたが、最終的にはすべてがムダだと思うようになりました。"" ちょうどその頃に、ビデオ撮影が可能なDSLRカメラが初めて発売されたのです。"「当時は、主にNikonを使っていました。報道関係者以外で、5Dよりさらに前に動画撮影機能を備えたD90が存在したことを覚えている人は少ないでしょう。僕は、実はD90を生産開始前に入手し、それを使ってチベットでガーディアン紙の取材を行いました。まだ発売前だったことを考えると、それが世界初のDSLRカメラによるニュース報道と言えるでしょう」" 近年、チャンはガーディアン紙の仕事を減らし、マット・アラードとNewsshooter.comでブログを発信するなど、撮影活動以外の関心を追求しています。チャンは自分の仕事において、ニュース、イメージ、テクノロジーという3つの側面を重視している、と言います。

ほとんどの報道カメラマンは、チャンのような確かな写真撮影の経歴を持っていません。また、彼のようにニュースを嗅ぎつける能力を持ち、現場で起きていることをストーリーと情報の両方が伝わる形で捉えられる人は多くありません。この2つの要素を兼ね備えていることで、チャンは報道カメラマンの中でも屈指の腕を持つスペシャリストとしての名声を確立しましたが、それだけでプロのビジネスマンとしての価値が生まれたわけではありません。継続的な成功を可能にしたのは、テクノロジーに対する探求心を持ち、適切な機材を使用する、という3つ目の要素です。本格的にビデオ撮影を始める前から、チャンはG-Technology G-RAIDドライブを利用していました。現場で画像を安全に保存できる上に、高いパフォーマンスで、その場で編集作業を行うことができるためです。 

現場でも高解像度で編集ができるように、現在彼が使用するコンピューターにはすべて、Thunderboltインターフェースドライブに対応するThunderboltポートが備えられています。お気に入りのストレージ製品は、最近発売されたG-DRIVE evドッキングシステムとUSB 3.0対応にアップデートされた各G-RAIDモデルです。"「現場とオフィスでシームレスに利用できる最適なソリューションはG-Technology以外にありません」と、モンゴルから持ち帰った1.8TBものデータをドッキング可能なG-DRIVE上で確認しながら、チャンは言います。""「現場では、これ以外のドライブは使いたくありません」" SSDの使用も検討しているものの、現在のG-Technology製品は、仕事に必要な速度、容量、信頼性を十分過ぎるほど備えていると彼は考えています。しかも、これまでG-Technologyドライブが故障したことは一度もなく、総コストもSSDの3分の1から4分の1に抑えられます。&&これらの要素が重要なのは、彼がジャーナリストとしての仕事に大きな責任感を持っているからです。チャンは、年代記編者であり、記録保存者、保存主義者でもあるのです。

カメラを構えるダン
ダンの周りに集まる人々
望遠カメラを構えるダン
ダンと子どもたち

"「未来に何かを残す際に重要なのは、いつまでも壊れない記録媒体に保存することです」と、チャンは言います。""「これまで多くの貴重な写真や映像が失われてきました。同じことが繰り返されてはなりません。僕は、自分が撮影する写真や映像を後世に残したいのです。ワールドカップやオリンピック、その他どこで撮ったものでも同じです。その可能性を最大化するためには、確実に機能するストレージを利用することです」"

G-Teamメンバーは、日頃仕事でG-Technology製品を使用する人々を代表する各フィールドのリーダーです。G-Teamメンバーは有償でこの活動に協力しています。

G‐Technologyの外付けハードドライブは、バックアップ体系の一部としてご利用ください。最も重要なファイルは2つまたはそれ以上のコピーを作成し、個別のデバイスやオンラインサービスにバックアップまたは保存することをお勧めします。

その他のG-TEAMアンバサダー

ニュースレター登録
つながる