エディ・ハミルトン

映画編集者

映画編集者の仕事のプレッシャーとペースの速さを敏腕編集者エディ・ハミルトンは誰よりも理解しています。この道20年のエディは「Mission: Impossible」(ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション)、「X-Men: First Class」(X-MEN:ファースト・ジェネレーション)などの超大作を手がけています。仕事にふさわしいツールを求める中で、特にG-Technologyのストレージソリューションに信頼を置くようになりました。

"「観客は、映画を選ぶ際に、自分が望むような感情操作や旅を求めます。ストーリーの語り手として、特に映画編集者としての仕事は、観客にそのような体験を確実に届けることです」"

「Kingsman: The Secret Service」(キングスマン)とその続編でマシュー・ヴォーン監督と組んだ以外にも、伝説的な映画編集者として知られるエディ・ハミルトンは、「Mission: Impossible - Rogue Nation」(ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション)、「X-Men: First Class」(X-MEN:ファースト・ジェネレーション)、「Kick-Ass」(キック・アス)、その他20作以上を同監督と手がけています。エディは、映画編集者の仕事は料理に似ている、と言います。"「撮影が食材集めだとしたら、編集作業は食材の下準備と調理と言えます」"

平均的な映画では、250時間分以上の素材が撮影されます。エディの仕事は、その膨大な素材をたった2時間に収め、観客を惹きつけて最後まで離さない映画を作ることです。「映画のチケットを買うというのは、感情的な体験を買うことなのです」とエディは語ります。「観客は、映画を選ぶ際に、自分が望むような感情操作や旅を求めます。ストーリーの語り手として、特に映画編集者としての仕事は、観客にそのような体験を確実に届けることです」 うまくやるのは非常に難しい仕事だと言えます。"

エディが映画製作に興味を持ったのは7歳のときでした。多くの子どもと同じく「Star Wars」(スター・ウォーズ)に夢中になったのです。ただ、ほかの子どもたちと違い、エディはエンドロールに注目し、映画を作るには、何百人もの人たちがさまざまな仕事を担っていることに気づきました。

"「17歳のときに、編集が映画製作の重要なプロセスであることに気づきました」と、彼は言います。「そして、ストーリーを語ることとテクノロジーの組み合わせは、自分の性格に合っていると思ったのです。僕にとって、部屋で何時間もひとりで作業することは、苦ではありませんでした。編集というのは、ほとんどが孤独な作業ですが、他人との協力が大いに求められることもあります。コンピューター好きのオタクでいられながら、ストーリーを語ること、特に映画製作に関わることができるのは、僕にとって魅力的でした」"

多くの映画関係者とは異なり、エディは大学で映画学ではなく心理学を専攻しました。そして空いた時間にだけ、学生が制作した映画やテレビ番組を編集していました。卒業後、エディはポストプロダクション会社に就職し、Avid Media Composerと関連ハードウェアを独学で学びました。その後、フリーランスで編集の仕事をして生計を立てながら、低予算の独立系映画の制作を始め、そこから徐々に専門性とキャリアを積み上げていきました。

エディ:「Kick-Ass」(キック・アス)
エディ:「Sherlock」(シャーロック)
エディ:「Mission Impossible」(ミッション:インポッシブル)
エディ:「Star Trek」(スタートレック)

"「テクノロジーにとらわれずに、ストーリーを語ることに集中できるようになるまでには1万時間、約4年間かかります」とエディは言います。"「『Mission:Impossible』(ミッション:インポッシブル)に参加しないかと誘われるまでは、実に20年以上かかりました」"

撮影現場でエディは、まずQTAKEからQuickTimeファイルを取り出し、Avid MXFファイルに変換してから、G-TechnologyのG-RAID with Thunderboltの8TBモデルに保存します。その後、G-RAIDを編集部屋に持ち帰り、その日に撮影した映像を7人のアシスタント編集者と共有している48TBのRAIDソリューションにアップロードします。そこから編集チームはAvid Media Composerを使い、素材を切り貼りしてストーリーを作り上げていくのです。

4か月の撮影期間中、エディはこのプロセスを60回も繰り返します。G-RAIDを信頼して、6TBを超えるデータを撮影現場から編集部屋へと運んでいます。エディがG-RAIDを手放せないのは、Thunderbolt 2が驚異的な転送速度、厳しい現場環境にも耐えうる頑丈さ、取り外し可能なハードディスクドライブ、信頼性を備えているからです。また、G-RAID with Thunderboltが最初からRAID 0(ストライピング)構成で設定されていることや、特に遠隔地の現場でノートパソコンだけで作業する際にサイズがコンパクトなことが助かる、と評価しています。4年間のプロジェクト編集で使ったG-RAIDは30台近くになりますが、エディが故障に見舞われたことは一度もありません。彼が試した他のメーカーの製品では、そうはいきませんでした。

"「撮影現場では、コンピューターをシャットダウンする前に、電気技師が電源を落としてしまうことがあります。ノートパソコンにはバッテリーがありますが、ドライブは破損してデータが消失する場合もあります。何度か経験がありますが、そうなると何時間もの追加作業が必要になります。ですが、そういった状況でもG-Technologyドライブのデータを失ったことは一度もありません。本当に信頼性が高いのです。万が一、停電があってもドライブは無事だと分かっているので、安心して仕事ができます。格安のドライブより多少値段が高いとしても、プロとして仕事をしている場合、安心感を買うと思えば安いものです。私のような仕事の場合、時間を少しでも無駄にすると、大きな損失を生むことになります。映画業界で、厳しい環境でのロケ撮影にG-Technologyドライブを使用することがほぼ標準になっているのは、そのためです」"

エディの夢は、「Star Wars」(スター・ウォーズ)、「Jurassic Park」(ジュラシック・パーク)、「Die Hard」(ダイ・ハード)といった、「長年経っても色あせず、人類のストーリーテラーの歴史に残るような映画」に関わることです。「とは言え、僕にとって一番大切なことは、いい作品を作り、それが時代を越えて残ると確信できることです」 エディも映画の観客と同じように、自分が望む経験を買っているのです。

G-Teamメンバーは、日頃仕事でG-Technology製品を使用する人々を代表する各フィールドのリーダーです。G-Teamメンバーは有償でこの活動に協力しています。

G‐Technologyの外付けハードドライブは、バックアップ体系の一部としてご利用ください。最も重要なファイルは2つまたはそれ以上のコピーを作成し、個別のデバイスやオンラインサービスにバックアップまたは保存することをお勧めします。

その他のG-TEAMアンバサダー