マイケル・コールマン

映画制作者兼映像監督

マイケル・コールマンは、受賞歴のある監督兼映像監督です。15年以上にわたり、マイケルはオーディオと音楽を題材とした映画制作に専念してきました。マイケルが過去に手掛けた作品には、ブレッド・モーゲンが監督を務めた"ザ・ローリング・ストーンズの 「Crossfire Hurricane」、キャメロン・クロウ監督とモーガン・ネヴィルプロデューサーの「Pearl Jam Twenty」(パール・ジャム・トゥエンティ)、ジョン・M・チュウ監督の「G.I. Joe: Retaliation」(G.I.ジョー:バック2リベンジ)、J・C・チャンダー監督の「All is Lost」(オール・イズ・ロスト〜最後の手紙〜)、マイケル・ベン監督の「Transformers: Dark of the Moon」(トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン)、ニムロッド・アーントルが監督を務めたメタリカの 「Through the Never」、エアロスミスのマルチプラチナム映画「You Gotta Move」などがあります。"

"「テクノロジーに関することなら、1日中でも話していられます」マイケルは続けます。「それでも、私の仕事への理解があり、一連のワークフローに合う製品を作っているストレージパートナーが必要でした。それが、G-Technologyでした。現代の映画制作者のニーズに応え、本当に役に立つワークフローを作成してくれました」"

専門的なG-Technologyのストレージとともに成長する  ドキュメンタリー映画制作者

オーディオ・映像クリエイターのプロとアマチュアを区別する方法の1つとして、クローゼットに置かれている外付けストレージドライブの数があります。マイケル・コールマンは19台所有しています。マイケルはプロです。

それでも、多くのドライブは最大わずか8TBで、旧式のインターフェースが使用されています。マイケルは最新の接続技術を取り入れるよりも、映画撮影とオーディオ製品の特定分野における制作や専門技術に重点を置いています。数年にわたり、大手の映画スタジオを顧客として仕事をしてきましたが、オーディオやHDビデオに必要な容量と帯域幅は相対的に低く、一般向けの性能が高くないストレージを継続して使用してきました。

しかし、キャリアは進化しています。特に、2009年にオーディオ関係者のプロフィールドキュメンタリーシリーズである「SoundWorks Collection」を開始して以来、マイケルの制作への意欲はますます強くなり、ストレージワークフローへの要求は大きくなりました。

"「長い間、FireWire 400/800を使用してきました」マイケルは続けます。"「数年前に4Kの撮影を開始するまでは、それほど大きな問題だとは思っていませんでした。ですが、毎年撮影するテラバイトの量が増えていくため、ストレージの対応が非常に難しくなってきました。将来性を含め、ストレージとスピードの最適化を考慮した自分のシステムを設定するために、アドバイスをしてくれる人を探しました」"

その後、マイケルはG-Technology®にたどり着き、将来のデータ需要に対応するためにストレージワークフローを改造する見通しが立ちました。

初期

マイケルは2001年にストレージを使い始めました。大学に入学したばかりの頃でした。初めてスタジオ設備を目にしたマイケルは、瞬時にオーディオと映画制作の魅力に引き込まれました。当時、Webベースのビデオの多くはFlash®やWindows Media®などの形式で作成されていました。コーデック、圧縮、メディアを人々に提供する方法など、マイケルはあらゆる学習に専念しました。この分野で活躍する多くの人とは異なり、マイケルはアーティストに成長する前に「テクノロジーの専門家」になりました。

"「その時期に、重要なことをたくさん学びました」マイケルは続けます。"「とても勉強になりました。ツールに大変興味を持ったため、映画制作者になる前に、テクノロジーの専門家になっていたのです」"

学校を卒業する前に、マイケルはアラバマ州のバーミンガムでライブコンサートを撮影するチャンスを得ました。マイケルは最寄りの家電量販店へ行き、数百ドルのMiniDVカメラを購入しました。その日のうちに、マイケルはコンサートで8人の映画制作者と共に仕事をし、フリーランスとして 働く道もあることに気づきました。カメラで生計を立てられることに気がついたのです。FireWire対応のノートパソコンで、マイケルはキャリアを開始しました。後悔はありませんでした。それから現在まで、マイケルは会社員として働いたことはありません。

これまでに、壁にぶつかったことや失敗から学んだこともありました。大学生の頃に、外付けハードドライブストレージで嫌な経験をしたこともあります。

"「あれは悪夢でした」マイケルは当時を振り返ります。"「学生時代の多くのデータを失ったのです。そして、同じ失敗を2度と繰り返さないことを心に誓いました」"

優れた手法

ここ数年の間に、マイケルはG-Technologyのドライブ製品に少しずつ慣れてきました。現場で過ごす時間が多いため、マイケルはG-DRIVE®ファミリーのさまざまな製品を愛用しています。耐久性、ポケットに入れやすい形状、容量を兼ね備えた製品は、外出先でのニーズにマッチしています。1つのドライブを映像用の主なリソースとして、もう1つはバックアップ用として使用しています。万が一のことを想定して、2つのドライブは別の経路でオフィスに持ち帰られます。

通常の撮影では、G-DRIVE製品に1週間分のデータを保存できます。とはいえ、より高い解像度、より多くのカメラ、顧客からの迅速なターンアラウンドの要求などを受け映画制作は進化を続けており、ビジネスの変化と更新が必要な時期であることも理解しています。マイケルは、慎重に検討しています。頻繁な更新を望んでいないため、マイケルはeSATA、USB 2.0、Thunderbolt™ 1などのインターフェースをほとんど取り入れていません。最適なソリューションを採用し、それを長期間使用したいと考えています。

現在、マイケルはUSB-C™に注目しています。すべてのデバイスを1つのコネクタで標準化し、将来的にThunderbolt 3からクローゼットに置かれているFireWire 800ドライブまでのデータを、まとめて処理できるシステムを構築する計画を立てています。それと同時に、データのインポートとエクスポートの効率を高める必要があります。さらに、オンラインと(現行の)オフラインストレージを単一の超大容量リソースに集約させる必要もあります。

"「私が必要としているのは、USB-Cと48TBのG-SPEED Shuttle XLストレージソリューションのような製品なのです」マイケルは続けます。"「G-SPEED Shuttle XLは、ひと目ですぐに気に入りました。これら2つのEVドライブベイを持つことでワークフローは合理化され、さらにすべてにRAID保護が設定された6台のエンタープライズクラスのドライブのおかげで、安心して仕事ができるようになります。仕事中に、ハードドライブが転倒してしまったことがあります。その日のデータをすべて失うことになるのです。私には信頼できて、耐久性の高い優れた製品が必要です。これが私の仕事ですから。データを失うわけにはいきません。そのため、ストレージにG-Technologyを採用することを決めました。USB-C G-SPEED Shuttle XLが届き、ポータブルG-DRIVEと併用することで、必要なものはすべて揃います」" 

執筆時には、特定のマルチベイUSB-C製品に関するG-Technologyからの発表は行われていません。ソリューションが発売され次第、マイケルは現在のオンラインストレージと19台のドライブアーカイブを夢のストレージタワーにまとめる予定です。これまでのキャリア全体のデータを体系化して、数秒以内にコンテンツにアクセスできる、超高速で膨大なストレージ容量を備えたシステムの構築を計画しています。

プロのクリエイターはこのようなストレージ戦略による構築を採用すべきであることに、マイケルは同意しています。ビジネスの重要な場面では、データにスムーズにアクセスできる必要があります。

マイケル:ロック
マイケル:ギタリスト
マイケル:工房
マイケル:カエル

G-Teamメンバーは、日頃仕事でG-Technology製品を使用する人々を代表する各フィールドのリーダーです。G-Teamメンバーは有償でこの活動に協力しています。

G‐Technologyの外付けハードドライブは、バックアップ体系の一部としてご利用ください。最も重要なファイルは2つまたはそれ以上のコピーを作成し、個別のデバイスやオンラインサービスにバックアップまたは保存することをお勧めします。

その他のG-TEAMアンバサダー