シェイン・ハールバット

映像監督

ASC(米国映画撮影監督協会)のシェイン・ハールバットは数百万ドルの大ヒット作を手がけている世界的に著名な映像監督です。シェインはやることすべてに並外れた情熱と好奇心を注ぎ込みます。すべてのプロジェクトに新しい技術を導入して自ら挑戦し、作品の品質向上を追及する映画界の革新的先駆者です。彼はさまざまなカメラのエマルションを途切れなく組み合わせ、ストーリーテリングの効果を高めています。彼の最近の映画作品の1つである「Act of Valor」(ネイビーシールズ)は大手スタジオで制作された初のHDSLR長編作品です。この映画では主にCanon 5D Mark IIカメラが使われました。

"「ハードウェアの性能だけではありません。その確実性と信頼性が継続して使用している理由です」"

よりスマートで安全なストレージへ

"「私が14歳のとき、父と私は基礎から滑り落ちた物置の下にジャッキを入れていました」と、世界的に著名な映像監督であるASCのシェイン・ハールバットは振り返ります。"「父が外側からジャッキで引き上げ、私は内側からプラーで引っ張り、物置を元の位置に戻そうとしていました。すると、プラーが切れて目の前を飛んで行ったのです。物置も動き出しました。ジャッキが元の位置に戻ったとき父は物置の側面を押さえていましたが、背中から吹き飛ばされました。父のけん引治療は6か月かかり、私は14歳にして大雨と洪水の発生直後に作物すべての収穫の責任を負ったのです」"

文字どおり腰の高さまで水に浸かる困難さから、若きハールバットは計画が崩れたときの対処方法を学びました。6か月かけて作り上げたプランAが突然流れることもあります。しかし、その場でひねり出したプランBは、それまでのアプローチよりも優れているはずです。このような柔軟な姿勢は、気概、直観、洞察力をもとに培われ、カメラを回すシェインの華々しいキャリアを導く重要な推進力となっています。この推進力こそが、ニューヨーク州北部の農場出身の彼をハリウッドのまばゆい光へと導き、彼が行う照明技術からG-Technologyを駆使したデータストレージ戦略といったすべてを形成し続けています。

成功への道

「We Are Marshall」(マーシャルの奇跡)、「Terminator Salvation」(ターミネーター4)、「Act of Valor」(ネイビーシールズ)といったクレジットタイトルに映像監督として名が刻まれるずっと前、シェインは関心のあったラジオの道を選び、2年間のプログラムから活動を始めました。3年目に分野をテレビに転換すると、選んだ大学の進学費用が全額支給される奨学金を獲得しました。大局的な観点と身近な問題とのバランスを取る才覚は早くから発揮され、高校時代の恋人リディアの進学先、Simmons Collegeがあるボストンへと次に進む道を絞り込みました。シェインはEmerson大学のマスコミュニケーションプログラムを専攻しました。このプログラムはすぐに4年間の映画プログラムに変わりましたが、彼は2年で課程を修了しました (同時にリディアはシェインを結婚相手に選び、以来27年間結婚生活を送っています)。恐ろしいほど過密になったスケジュールにかかわらず、シェインはクラス首位で修了しました。

わずか一晩で、Emersonのお山の大将から立派な映画制作者になる最短の近道としてシェインが見つけたのは、時給3.5ドルのトレーラーの積み荷作業でした。しかし、農場での経験から12メートルのトレーラーをトラクターと同じように簡単に運転できたため、フォークリフトの運転だけでなく、時間を見つけては映画制作工程で発生するあらゆるスタッフの作業を手伝っていました。

"「ボストンで2~3年働いた後、キャリアアップする唯一の方法は、自分の前にいる人たちを追い払うことだと考えました。犯罪に手を染めるのではなく、自分の個性を生かせるLAに引っ越して、底積みフォークリフトから仕事をやり直しました」"

その3か月後、1人のプロデューサーがシェインに声をかけ、現場で意欲的に働く姿勢を褒め、新作映画でトラックを運転しないか尋ねました。それはそのときの仕事を辞めることを意味していましたが、シェインは迷うことなくその話に飛びつきました。1988年のことです。その映画は「Phantasm II」(ファンタズムII)でした。"

その仕事でシェインが出会った多くの人の中に、USC(南カリフォルニア大学)撮影学の卒業生であるブライアン・コインがいました。彼は火葬場のセットの前にシェインを連れ出し、「シェイン、このシーンを映画館で見たら、君は恐怖を感じるかい?」と尋ねました。" シェインが理解できずにいると、彼はどのように火が着くのか、明確に説明してくれました。隅から隅まで、見せてくれました。恐怖を起こさせるシーンには影が1つもありませんでした。

"「それは衝撃的でした」" そのときのことをシェインはそう表現します。"「照明に着目するようになったのは、そのときからです。運転中も、どの部屋に入るときも、色や光がもたらす役割について研究し、さまざまなリアリティを映画の光で再現する計画を練りました。1988年にフォークリフトのドライバーだった私はセット係を経て、1989年に照明係になりました。1991年にはミュージックビデオの本格的な照明係/映像監督になりました。スマッシング・パンプキンズ、ストーン・テンプル・パイロッツ、ニルヴァーナなどのビデオを手がけました。仕事を共にしたさまざまな人脈が未知の世界へと私を後押しし、崖から飛び降りるような突拍子もない行動を取る私に系統立った説明をしてくれました。ストーリーテラーとして、どんな状況にも光を当てる能力を養ってくれたのは彼らでした」"

シェイン:ヘリコプター
シェイン:空飛ぶ車
カメラを持つシェイン
ファインダーをのぞくシェイン

スマートに崖から飛び降りる方法

ボストンまで恋人を追いかけたことも、ミュージックビデオからテレビ、長編映画の照明の完成度を追及したことも、シェインの恐れを知らない生きざまとキャリア転向はやみくもな飛躍に映るかもしれませんが、常にリスクは慎重に計算されていました。彼の家族が所有する収穫高4万ドル分の赤インゲン豆が60センチの洪水被害にあったとき、シェインは豆の摘み取り機を付けたトラクターを操縦できなかったので、その対策にかかるコストや失敗する可能性にもかかわらず、ブルドーザーの運転手を雇ってトラクターを引きました。型にとらわれない対処法を採るリスクに値する利益が得られました。

1998年エミー賞受賞作品「The Rat Pack」(ラット・パック)の映像監督のポジションに応募したシェインをHBO制作会社の幹部7人が面接したとき、シェインはその若さだけでなく、物語の映画監督ではなく技術者としての経歴にも苦労しました。それまで映像監督のポジションに就いた照明係はほとんどいませんでしたが、シェインには目標がありました。彼の情熱と専門性、そしてロブ・コーエン監督の支持に動かされたHBOは、そのポジションにシェインを採用しました。以来、シェインは20本以上の映画で映像監督を務めています。

望んだ目標が明確に描けて、使用するツールが最高品質の場合、崖から飛び降りて成功する確率は劇的に高まります (もう少しでプラーが顔にぶつかる失敗を経験したことが初心に立ち戻させてくれます)。2009年にシェインと妻リディアは次世代への恩返しとして、20年にわたる豊かな知識を世界と共有するためにHurlblogを立ち上げました。このブログの開設から間もなく、短編やコマーシャルの制作手段としてHurlbut Visualsが創立されました。ここでもまた、決して小さくないリスクのもと、慣例にとらわれず、Hurlbut Visualsはシェインのブログから生まれ、その後は逆にフィードバックしています。新たに加わった会員ベースのInner Circleを含め、シェインが情報を共有し、知識を広めるにつれてブログを通じた仕事の依頼が増え、その仕事にさらに多くのツールを導入すると、それについて書かなければならない記事も増えました。

16本ほどの映画を撮影した後、シェインはデジタルへの移行を決めましたが、そのためには、特にデータストレージに適したデジタルワークフローのツールを見つける必要がありました。このツールについて、シェインは撮影後の編集作業を手がけるさまざまな専門家に尋ねました。市場には外付けハードドライブの選択肢が数多くありましたが、ある意見が一貫していました。G-Technologyのドライブが故障するのを誰も見たことがなかったことです。シェインはこのブランドを試し、同僚の意見を直接確かめました。現在、Hurlbut Visualsが制作するすべての教育コンテンツや、同社のDIT(Digital Imaging Technician)が撮影現場で処理するデータすべてが、さまざまなG-RAID®ドライブにバックアップされています。データ保護とワークフローのパフォーマンス向上の両方でメリットがあります。

"「撮影と並行して、DITが撮影した映像をバックアップします。これで、たとえば突然停電しても、3~4台のカメラをそのまま50分間回し続けて作業を完了できます。これらの4台のカメラに入った50分間の5K映像が、DITに渡されます。低速で品質の低いドライブを使わなければならないとしたら、制作側は常に時計を気にして、『何でこんなに時間がかかっているんだ? バックアップしなくていいのか?』などとやきもきすることになるでしょう。制作スタッフを待たせなくて済むので、かなりの経費を削減できます」"

Hurlbut Visualsは現在、2TB、4TB、8TB、16TBの各モデルなど、複数のジェネレーションのG-RAIDÒソリューションを使用しています。持ち運びが必要な用途に合わせて、シェインは最近1TBのG-DRIVEÒ ev RaWモデルを使用し始めました。頑丈でありながら軽量で、バンパーが強化されているので現場での保護能力が改善されていることも1つの理由です。PCワークステーションから、「Gone Girl」(ゴーン・ガール)の編集でも使用したリアルタイム5K HPコンピューターまで、USB 3.0またはThunderbolt™インターフェース経由でHurlbutのすべてのシステムがG-Technologyソリューションに接続されています。G-Technologyの初期ユーザーとして、2016年にはさらにスケーラブルなハイパフォーマンスソリューションを利用することを心待ちにしています。

輝き続ける

まさに本当の意味で、適正なストレージの選択はHurlbut Visualsの基本です。シェインは彼のアセットの保護に信頼性と確実性を求めています。また、現在の仕事だけでなく、今後の事業展開に向けて、彼の技術と性能ニーズに見合った製品を必要としています。

もちろん、単に適切なツールを確保するだけでは十分ではありません。プロは、長いキャリアが適切なワークフローと利用戦略の上に築かれることを理解しています。

"「1つのバックアップだけでは不十分です」とシェインは言います。"「全データのバックアップを4つ行うこともあります。1つのバックアップは自分たちで保管します。2つ目はFedExで編集部に送ります。3つ目は常に持ち歩き、後で編集部に送ります。4つ目は金庫に保管します。このデジタルの時代に仕事を成功させるには、これらすべてのバックアップが不可欠です。これまで、制作ディレクターがバックアップをしなかったとき、つまり、1回保存しただけでドライブを発送したようなときに、何度も注意してきました。彼は『急いでいたんだ。時間がなかった』と言います。私は『冗談はやめてくれ』と言います。これこそ、崖から飛び降りる間違った方法です」"

シェイン・ハールバットの急速な躍進と継続的な成果の核となる資質があるとすれば、それは「計算された大胆さ」ではないでしょうか。" 崖から飛び降りるのは勇気が要りますが、目標地点を計画する頭脳と空中での軌道を調整するスキルも必要です。ストレージはシェインのすべての計算で重要な役割を果たしています。ストレージがなければ、1つのアクシデントによってそれまでの労力が水の泡になってしまうことを彼は知っています。

G-Teamメンバーは、日頃仕事でG-Technology製品を使用する人々を代表する各フィールドのリーダーです。G-Teamメンバーは有償でこの活動に協力しています。

G‐Technologyの外付けハードドライブは、バックアップ体系の一部としてご利用ください。最も重要なファイルは2つまたはそれ以上のコピーを作成し、個別のデバイスやオンラインサービスにバックアップまたは保存することをお勧めします。

その他のG-TEAMアンバサダー