トム・バーンズ

CM広告カメラマン

ロックミュージシャンやポートレートのカメラマン、トム・バーンズは、写真界のベア・グリルスと自らを評したことがあります。バーンズの撮る風景は、この英国人冒険家が旅するアラスカの平原よりずっと都会的ですが、タトゥーやグラフィティで飾り立てられた、ワイルドなシチュエーションでの撮影を好むところが共通しています。

ワークフロー

"「Thunderboltはゴーカートレースにフォーミュラ1が参戦するようなものです。圧倒的な性能を備え、他の製品を寄せ付けません」"

立役者

トムは、Bring Me the Horizon、Biffy Clyro、You Me at Sixなどのブリティッシュロックバンドのポートレート撮影や、FHM、Kerrang、Alternative Press、Loaded、Q Magazineなどの雑誌でも活躍しています。

シグネチャールックを確立しようとしたことはないと本人は主張しますが、それは人を惹きつけるロックスターの陰鬱なイメージ全体から読み取れます。トムの作品を見ていると、タッグを組むBring Me the Horizonのヘヴィメタルサウンドと同じくらい、ボディアートが主張する世界に引き込まれます。被写体の顔は、粗く粒子感のあるディテールで表現されています。どの写真にも、バンドの主なファン層である若者との感情的なつながりが鮮明に表れています。

トムの運命の初ショットは、怒ってカメラのシャッターを切った5歳のときでしたが、当初から写真家への道を進んだわけではありませんでした。テレビCMを制作していた叔父が写真を学ぶことに反対したのです。トムが都市経済学科を卒業したとき、商用不動産分野のキャリアを選ぶのが普通と考えられていました。

しかしトムはこれに抵抗し、写真に情熱を見いだしてきました。大学での自主的学習は、趣味のレベルからプロへのステップアップに役立ちました。トムが技術にこだわるようになったのは、デジタル写真の重要な要素を試行錯誤しながら自力で習得していったやり方が影響しているのかもしれません。

手段

完璧主義者のトムは、自然とG-Technologyを愛用するようになり、携帯性の高いG-RAID miniとG-DRIVE miniドライブ、ハイパフォーマンスのG-RAIDドライブを使用しています。この選択は、移動の多い生活に最適だとトムは説明します。"信頼性、サイズ、電源が重要な要素となるためです。「しょっちゅう旅行するため、使用するドライブは小型で軽量、しかも頑丈である必要があります。G-RAID miniは、小型で、移動中の制約にも適応できる最適なデバイスです。

"ケースに複数のドライブを入れることもできます。持ち歩く配線やケーブルの数を減らせるため、バスパワー対応ドライブもよく使用します。スペースの狭い飛行機の旅や、電源がないようなへき地での仕事には、特に役に立ちます」"

写真家の常として、バックアップは欠かせません。トムはノートパソコンにテザリングしながら撮影します。こうすることで、画像は外付けのG-RAID miniに自動的にバックアップされます。撮影が終わると、もう1台のG-DRIVE miniに別のコピーをとり、オフィスに戻るまでずっと3組のコピーが別のハードドライブに確保されるようにしています。

移動中はハードドライブを別々のケースに入れて、バッグやディスクが紛失した場合のリスクを分散しています。オフィスに戻ると、ハードドライブの内容とサーバーに保存したファイルを消去し、Adobe Bridge CS6を使ってファイルにタグを付け、ファイル名を変更し、内容を確認します。最後に、Adobe Photoshop CS6を使って画像を編集します。

当然、これらすべての作業が組み合わさると、かなりの量のストレージが必要となります。仮編集までに費やす容量は撮影1件あたり約80GBに達し、納品日から1年間はすべての画像を保持します。その後、未使用または破棄したRAWファイルを削除し、撮影ファイルのサイズを10GBまで縮小します。「容量は徐々に増えていきます。"オフサイトに8TBのドライブを4台持っていますが、そろそろ増やさなければなりません」とトムは語ります。"

Thunderboltに早急に移行する予定です。その理由は、"主にスピードにあります。「Thunderboltはゴーカートレースにフォーミュラ1が参戦するようなものです。圧倒的な性能を備え、他の製品を寄せ付けません」

"「移行すれば、ワークフローを全体的に短縮できます。ファイルは何時間も待たなくても、数秒や数分で転送されるようになります。プロジェクトの納品時間を短縮でき、ハードドライブの近くで待たなくても、どんどん作業を進めることができます」"

G-Technologyドライブの優れた点を3つに絞るとしたら、トムはサイズ、信頼性、価格を挙げます。"「ドライブは外観が良いだけでなくコンパクトなため、置き場所に悩まずに済みます。重いドライブを押し付けられたとアシスタントから非難されることもなくなります。

"信頼性は、どんなユーザーにとっても重要な要素でしょう。いろいろ調査した結果、G-Technology製品ラインの評判が良いと分かりました。信頼でき、安定しているという意見には、数台使用した結果、同意するしかありません。"

"価格についての評判は、支払うだけの価値があるというものでした。ハードドライブについては、まさにそのとおりですが、G-Technologyレンジ自体、製造品質、サイズ、容量、充実した保証と価格に比べて満足できる内容です。また、キャリングケースと各種接続用ケーブルが付属するドライブは多くありません」"

トム:ゴシック系メイク
トム:タバコを吸う人
トム:チンピラ
トム:MS-13

結果

G-Technologyは、静かで控えめに、淡々と 実力を発揮します。

G-Technologyドライブについて語るトムは、彼の被写体となったロックバンドがパブでの下積み時代からWembley Arenaでの大コンサートへと成功街道を駆け抜けた様子を話すときと同様、称賛を隠しません。"「G-Technologyドライブが故障したことがないこと自体、隠れた成功ストーリーです。他の企業の製品はほぼ軒並み故障しましたが、G-Technologyドライブは同じ性能が持続します。これは明らかに大きな利点です。

"その理由が筐体の設計にあるのか、使用されるハードドライブにあるのかは分かりません。いずれにしてもありがたいことです。機器を信頼できるのは、大きな強みとなります。ドライブにデータを保存したら安全だと分かっているだけで、プレッシャーからかなり解放されます」"

おそらくG-Technologyの性能と信頼性に与えられる一番の賛辞は、トムの偉業の数々、トップクラスのクライアントからの引き合い、撮影予約に列をなす雑誌、音楽レーベル、ロックミュージシャンと言えるでしょう。

最も誇りを感じているのは何かという質問に対して、トムは次のように答えます。"「すべてのプロジェクトに誇りを持っていますが、"英音楽誌Qの撮影は素晴らしく、仕事するたびに達成感を得られます。Dropdeadというアパレル企業との仕事にも特に誇りを感じています。設立当初から関与しており、私のサクセスストーリーの1つです。他に、バンドとの仕事があります。彼らに対する自分のイメージをつかむことができれば、到達すべき場所にバンドを近づけることができます。

"You Me at Sixとのコラボレーションは楽しく、良き友人でもあるバンドの1つです。パブで30人の客の前で演奏していた時代から、Wembley Arenaで1万3,000人のチケットをソールドアウトさせるまで、ずっと撮影してきました。Bring Me the Horizonも10人しか客がいないパブ時代から、世界中で数千人規模の聴衆を前に演奏するまでに成長しました。こうした成長過程を証人として共に体験するのは非常に特別なことです」"

G-Technologyの進化し続ける技術や新進ロックスターにも負けない勢いで、トムの名声は日々高まり、可能性を広げ続けています。

G-Teamメンバーは、日頃仕事でG-Technology製品を使用する人々を代表する各フィールドのリーダーです。G-Teamメンバーは有償でこの活動に協力しています。

G‐Technologyの外付けハードドライブは、バックアップ体系の一部としてご利用ください。最も重要なファイルは2つまたはそれ以上のコピーを作成し、個別のデバイスやオンラインサービスにバックアップまたは保存することをお勧めします。

その他のG-TEAMアンバサダー