ヴィンセント・ラフォレ

DP兼ディレクター

ヴィンセントは権威あるカンヌライオンズ国際広告フェスティバルで2010年に3つの賞を獲得した映像監督であり、ピューリッツァー賞を取った写真家でもあります。イメージ作りとストーリーテリングに対する先進的アプローチで世界的に知られています。

ワークフロー

"「他の人が他の製品で体験したような悲惨な事態にG-Technologyで出くわしたことはありません」"

ニーズ

ヴィンセント・ラフォレは、多くの同世代のように、15歳のときに学校で単純な機材を使って映画撮影を学んだときに写真の世界に足を踏み入れました。その頃すでにCommodoreのパソコンAmigaで3Dを試しており、インストラクターに教えられるほどPhotoshopを使いこなせるようになっていました。Northwestern大学で理学士号を取得してからわずか5年後、アフガニスタンとパキスタンにおける戦時下の悲痛な生活を表現した作品で、New York Timesのスタッフの一員としてピューリッツァー賞を受賞しました。

初のデジタルカメラマンとしてNew York Timesのチームに加わったときは、Canonの2メガピクセル一眼レフで撮影していました。デジタルカメラへのシフトに伴い、ワークフローは様変わりしました。映像を長時間処理する代わりに、現場から直接ブロードバンドで転送・配信するようになり、作業速度は加速しました。

"「[2006年]トリノオリンピックのときには、撮影する都度、画像は低解像度のJPEGファイルに処理され、ニューヨークに転送されました」とヴィンセントは述懐します。"「そのファイルに基づき実際に画像を選択する編集者が、撮影している私のコンピューターからリアルタイムで高解像度画像を引き出していました。デジタル媒体はワークフローを変え続け、その変革は本を書けるほどでした」"

ヴィンセントのようなプロは、リアルタイムの画像を求める声に、どのように対処し続けられるのでしょう。よく取られるアプローチは、しかるべき機器を持つことで、絶えず進化し加速するワークフローに対応可能な状態を保つ方法です。これは、信頼性を犠牲にすることなく、機能と性能を高めることにほかなりません。

ソリューション

ヴィンセントは一種のマニアとしてプロの世界でよく知られています。「考えられるあらゆるワイヤレスカードをテストしたことがある」と本人も認めています。" Macのノートブックも同様であり、使用ストレージデバイスのリストは、フロッピーディスク、SyQuest、Zip、テープ、フラッシュ、各種ハードドライブと広範にわたり、百科事典の見出し語のようです。

"「最先端テクノロジーに乗り遅れないようにしつつ、賢く使いこなす必要があります」とヴィンセントは言います。"「ストレージは作業の効率化に役立ちますが、本質的には使い手の従属ツールにすぎません。周到に機能して使い手の注意をさほど必要としないようなワークフローを構築することもテクノロジーの目的です。機能するだけでよいのです。テクノロジーやワークフローに気を取られすぎると、優れたイメージを生み出したり、映像を制作するという本来の仕事がおろそかになります。こうした仕事こそ、見る側に関心を抱かせ、一種の感情的つながりを生み出すものです」"

ヴィンセントが多彩な新しいハイテクデバイスを試すのは、撮影対象と方法に主な原因があります。写真から動画にシフトすれば、はるかに大量のデータ帯域幅とストレージ容量が必要なのは明らかです。撮影に最近利用するようになったREDカメラにより、こうしたニーズは倍増しており、ヴィンセントは自身の人気ブログでHDRx搭載のRED EPICでの撮影では毎分6GBのデータストリームが生み出され得ると2011年6月に記しています。また、1時間の撮影で100GBを消費することも珍しくないとコメントしています。

従来、動画技術の発達に適合するためにストレージも極めて比例的に拡張していきました。解像度が増すペースで、ストレージの必要量も増加しました。ところが最近、特に解像度5K、最大フレームレート120fpsの導入を契機に、ストレージの必要量は飛躍的に増加しました。そのうえ、従来のワークフロー方法ではストレージを処理できなくなっています。

ヴィンセント:飛行機
ヴィンセント:男性
ヴィンセント:女性
ヴィンセント:ゴルフ風景

"「ワークフローでは、必ずG-TechnologyのRAIDドライブにあらゆるものをバックアップし、予備のG-RAIDドライブを撮影現場に用意しておきます。CMの撮影現場を離れる際は、2人が別々のフライトで移動するようにして、荷物の紛失や米運輸保安庁の係官の取扱いミスに備えています。CMの仕事をしながら多数のフラッシュカードを1つの財布に入れておくのは容認できないリスクです。財布を落として60万ドルの撮影ファイルが消滅したら、どのように顧客を納得させることができるでしょうか。故障しているカードが見つかる場合もあります。そうした事態を防ぐために、現場で進行中にデータファイルを点検します。写真もビデオも、まずダウンロードして点検し、カメラやカードに問題が潜んでいないか、レベルに問題ないかを入念に確認します。何もかもカードに保存し、現場から戻ったら点検すればよいというのは時代遅れな考えで、デジタルの強みを生かしていません」"

ヴィンセントは現場でG-TechnologyのG-SPEED® eS外付けeSATAドライブを使用しています。筐体1つに4つのドライブ容量(最大16 TB)を持つG-SPEED eSは、RAID 5設定で、最大158 MB/sの書き込み処理能力を実現します (RAID 0設定では208 MB/s、RAID 5設定にG-SPEED eSの予備ドライブを付属させると355 MB/sに高まります)。毎分6 GBの膨大なデータ量により100 MB/sのスループットストリームが発生しても、eSドライブはこのストリームを難なく処理します。5Kの撮影映像のタイムラインを前後して操作すると、速度に劣るストレージシステムは動作を停止してしまいます。

このような経緯から、40 TB前後に膨れ上がったオフィスのデータについて、ヴィンセントは、使用頻度の少ないファイルをオンライン(RAIDストレージ)からオフラインのメディア(LTOテープ)に移行するための段階的システムを考案しました。西海岸と東海岸に1つずつLTOのバックアップファイルを保管して、念には念を入れます。プロジェクトを顧客に送信する際は、G-TechnologyのG-DRIVE® miniを多数使用します。

"「実際には、こうしたドライブを追跡するログシステムが必要です。紛失してしまうことがよくあるのです」とヴィンセントは苦笑いします。"「顧客から6か月後に戻ってくることはまれです。個人的に使うために取っておくのでしょうか。あえて質問はしませんが」"

結果

このようなプロフィールでは、問題の克服過程を例示すれば印象に残るにちがいありません。しかしヴィンセント・ラフォレの場合、失敗例が見つからないのです。深刻なデータ紛失事故を起こしたことはありません。カードに記憶された内容は、別の2つ以上のドライブに保存されるまで消去しません。データに関して緊急の問題が生じる事態を徹底的に避けています。こうした彼の戦略には、G-Technologyドライブの使用もかかわっています。

"「他の人が他の製品で体験したような悲惨な事態にG-Technologyで出くわしたことはありません」とヴィンセントは語ります。"「何よりも大事なのは信頼性であり、確実に機能するドライブが必要です。その点、私にはG-Technologyがあります。過去、他の製品も使用しましたが、すべて問題がありました」"

現在のビデオグラフィックス界を代表し、変革する存在として、ヴィンセントが持つ技術力の核となるのが信頼性とパフォーマンスです。堅牢な超高速ストレージは万事における最高の武器となってきました。すでに今後のG-Technologyのデザインに目を向けているヴィンセントは、次の飛躍の用意が整ったときには、G-Technologyに頼ることができると確信しています。

G-Teamメンバーは、日頃仕事でG-Technology製品を使用する人々を代表する各フィールドのリーダーです。G-Teamメンバーは有償でこの活動に協力しています。

G‐Technologyの外付けハードドライブは、バックアップ体系の一部としてご利用ください。最も重要なファイルは2つまたはそれ以上のコピーを作成し、個別のデバイスやオンラインサービスにバックアップまたは保存することをお勧めします。

その他のG-TEAMアンバサダー